月別アーカイブ: 2019年4月

商品の価格について

お客様から様々な電話をいただく中で、結構誤解されていると思われるのが商品価格です。確かに、世間的には高いものが良品で、安いものは粗悪品であることがほとんどでしょう。ところが、元々が「プロポリスの伝道師」を自称しておりました当店は、お店をオープンしたときからできるだけ多くの人に使ってもらいたい一心で、価格もできるだけ安くという設定をしてきました。つまり、仕入れ価格が高いものは高く、安いものは安く売っているだけであり、価格によって製品のグレードの差をつけているわけではありません。

確かに現時点で液体タイプの中で一番価格が高いMNオーロは、良質なプロポリスの抽出に2年かけ、香りが抜群で、使用しているビンやキャップ、スポイトもとても良いものを使っていて申し分ありません。だからと言って現時点で一番安いミヤモトゴールドが一番粗悪ということでは決してないのです。実際、 ミヤモトゴールドは昔からある地方の方には圧倒的な人気があり、これでなければダメという方もいっぱいいらっしゃいます。 つまり、当店で扱っている液体プロポリス製品はどれも人気のある厳選した商品ばかりなので、商品の良し悪しの差があるというよりも、お客様の好みの違いがあるだけなのです。

なので、ミヤモトゴールドは一番安いから粗悪品と思ってしまわれると、とても残念です。むしろ、良質の商品が一番安く販売されているということは、一番お徳な買い物をしていると判断してもいいのではないでしょうか?

在庫キープの難しさ

いつも各製品の在庫が切れないようにと四苦八苦しているのですが、ほとんどのケースで輸入の注文を入れてから入荷するまでになんらかのトラブルがあり、長期の在庫切れの状態が続いてしまう商品がいつもあるような状態が続いております。これは企業努力が足りないと言われればそれまでなのですが、 思ったとおりに事が運ばないブラジルからの輸入、 賞味期限がある商品でありながら、できるだけ皆さんに安く商品を提供しようとして一括大量入荷を行っているので、入荷のタイミングが難しい、弱小企業のため恒常的に資金不足など、枚挙に暇がありません。

様々な要因によって在庫が不安定の状態が続くのは、結局お客様にご迷惑をおかけすることになりますので、今後の長期の目標を立てる時期に来ていると思います。具体的には、製品輸入から原料輸入へのシフト、在庫が切れた場合にすぐに売買ができる国内パートナーの擁立、無駄なコストの削減です。

今後は特に、できるだけ輸入品目を増やさずに、オリジナル製品を製造することに注力したいと思います。それも単なるどこにでもある製品ではなく、ユニークなヘビーユーザー向けのとんがった製品とか、ニッチな部分で刺さる製品を目指します。ブラジルから輸入した製品は、確かに数多ある中から厳選しただけあって、素晴らしいものばかりですが、良い原料さえあれば、国内で製造したものでもそれに伍する以上の製品を作る事が可能です。

ブラジルプロポリスは、いい製品を扱っている自負はありますが、よりお客様が使いやすいショップにならねばなりません。今後ともカイゼンを続けるブラジルプロポリスを宜しくお願いします。