月別アーカイブ: 2013年10月

プロポリスがあなたに届くまで -プロポリスはどんな手続きを経るのか?

プロポリスがあなたに届くまで – 複雑な輸入手続き

前回まででプロポリスが出来上がる工程を解説しましたが、ブラジルで箱詰めされた製品なのでブラジル産となります。つまり、日本から見れば外国産なので、全て輸入品です。こうした輸入品は、通常国内でどこかの店や農場に行って大量に製品や原料を購入するのとは大きな違いがあります。それは、食品衛生法に基づき、輸入する前に検疫所に相談・確認し、検疫審査に必要な書類をあらかじめ準備しなければならず、関税という輸入品に対する税金を支払わなければなりません。

container yard

プロポリスがあなたに届くまで – 検疫検査は国内よりも厳しい?

輸入品の種類によって必要な書類は違ってきますが、プロポリスの場合は食品扱いなので、食品等輸入届出書、原材料、成分または製造工程などに関する説明書、さらに日本政府が指定した分析機関で特定の残留農薬や添加物などが含有されてないことを示す証明書、必要に応じて衛生証明書が必要です。ただ、日本政府が指定した世界各国の分析機関は数が少ないため利用しにくく、当店ではもっぱら検疫審査直前に到着した日本の港や空港でサンプリング、分析をしてもらうことにしています。初めての検疫の場合は、さらに使用されているアルコールやその他の原料についても食品衛生監視員よりさらに細かな内容の書類提出を求められることもあり、事前に必要書類を準備していたにもかかわらず、こうした追加書類の準備で貨物の入荷がさらに遅れることもしばしばあります。一度輸入検査で通った製品は、2回目以降は証明書の写しを提出することで新たな分析検査は免除されますが、1年経過した製品については再度分析検査を求めれられます。

プロポリスの場合、日本では十分に食品として流通し、その製造方法や使用されてる原料についてもシンプルなので、比較的審査は簡単ですが、原材料が多岐にわたっている新しい加工食品などの場合は、提出書類は非常に多く、審査にも時間がかかっていることでしょう。世界中から輸入されている年間200万件を超える食品の厖大な数に対し、全国の検疫所の監視員の数は400人足らずでEUに比べると十分の一程度という話もあり、今後さらに人員を増やし輸入食品に対する審査を厳しくすべきという声が高まってきそうな風潮です。ただ、その一方で、国内はメーカーの自主管理に任せているというのが現状で、最近あちこちで発生しているホテルレストランの食材偽装を見ると、本当はどちらの食材の方が安心なのか、一般の方が持たれるイメージとは現状は違っているのかもしれません。

検疫審査が終わるまでの間、税関の輸入許可がまだもらえていない貨物は保税倉庫という場所に保管されます。もし、提出書類に不備があったり、分析試験結果で異状が認められた場合は、輸入手続きをすることができなくなります。賞味期限の短い食品や燻蒸などの処理を行わなければならない花卉などは、製品価値がほとんどなくなってしまうので、廃棄処分ということもよくあります。また、保存が効くものについては積戻しといって、輸出者に戻されることもありますが、いずれにせよ、輸入者の手元に届くことはありません。とても厳しい世界ですが、国内の安全を守るためには仕方ありません。一方、無事検疫審査が終わった貨物は、税関で関税と消費税、地方消費税がそれぞれ確定し、これを支払うことにより、ようやく輸入者の手元に届きます。

プロポリスがあなたに届くまで – システマチックから程遠い輸入手続き

当店の場合、ブラジルから輸入をしているので、もっぱら輸送時間の短い空輸を選んでいますが、輸出者の出荷から税関の保税倉庫に保管されるまでに1-2週間程度かかり、ここで分析試験を新たに行ったりしていると、さらに10日-2週間程度はかかりますので、もたついていると1か月はあっという間に過ぎてしまいます。当店では国内製造も手がけていますので、その輸入品の手間の多さ、検疫所、担当官によって要求される内容が毎回違うなど、神経の使い方が全く違うことを身に染みて感じています。そうした手間の多さもあり、ほとんどの企業が製品として輸入せず、より輸入に際しての手間やコストがかからない原料を輸入し加工して国産として販売する手法を選んでいるのでしょう。当店のような直輸入プロポリス専門店は稀有に等しい理由がそこにあります。

プロポリスの作り方(その2) -ひたすらじっくり寝かす

プロポリスの作り方(その2) -アルコール抽出法による製造

1シーズンで1つの巣箱から採れるプロポリスは2~3キロ程度ですが、現在ブラジルで採れるプロポリスの量はおよそ15トン。これが多いのか少ないのか、どの程度薄められるかにもよりますが、この希少なブラジル産プロポリスは世界中の企業の垂涎の的で、昨今特に中国人バイヤーの暗躍により価格が高騰しているようです。

DSC00214あちこちの巣箱から集められたプロポリスの原塊はここから食品工場に移され、工業原料として加工されることになります。以下、製造工程です。

①選別:ピンセットなどを使って、木の枝や虫の死骸など様々なゴミを取り除きます。
②低温貯蔵:いったん低温の環境下で、一定量確保されるまでストックされます。
③混合:エタノールが入っている抽出タンクに投入、混合・撹拌されます。
④抽出:そのまま半年程度(長いものは2年以上)じっくり抽出します。
⑤フィルター:遠心分離機やフィルターをかけて濾過し、夾雑物を取り除きます。
⑥アルコール濃度調整:この段階で、含有されるアルコールの濃度を一定に調整します。
⑦品質検査:ロット毎に、固形分量や特定成分、また抗生物質や重金属などが入っていないかなど、自主的な分析検査を行います。
⑧充填:ビンなどにプロポリス抽出液を充填します。

会社によっては熟成期間にもっと時間をかける、さらに他のフィルター工程を加える、ヤニを取り除く工程に2週間をかける、別の抽出法で抽出する(プロポリスの抽出法)など色々特徴がありますが、一般的には上の過程を経ることになります。こうして時間をかけて作られたプロポリスはようやく私たちの手元に届くのです。でも、輸入のプロポリスは皆さんの手元に届くまではさらにまだハードルがありました。(次回に続く)

プロポリスの作り方(その1) -巣箱に作られた緑の「ベルト」

プロポリスの作り方(その1)- ミツバチの生態

ブラジルでは、プロポリスはちょうどこの10月ぐらいから採取が始まり、11月頃にピークを迎えます。最盛期になると一つの巣箱に6万匹ものミツバチが住み、蜜や花粉をせっせと運び込むのです。10月の初旬に巣箱を拝見させていただいたので、まだその数は4万匹程度だと言われましたが、それでもおびただしい数のミツハチに圧倒されました。この働き蜂は皆メスで、最盛期は30日程度、越冬期は150日程度の短い寿命で、幼虫の頃から花粉とハチミツを食べて成長します。一方、オスはただ、素の中で働き蜂に餌をもらうのみで、その役割は女王蜂と交尾することです。ただ、オスは女王蜂と交尾すると、内臓が破壊されるため死んでしまいます。生き残った他のオスも、女王蜂の繁殖期が終わると巣から追い出されてやはり死滅します。女王蜂は働き蜂が分泌するローヤルゼリーだけで育ち、唯一産卵能力を持ったハチとなりますが、寿命は3年程度と長く、5年生きるものも結構います。巣箱の中を覗かせていただきましたが、他のハチが女王蜂を必死になって隠すため、この女王蜂を見つけることは非常に難しかったことを覚えていますが、それほど大きくはなく、意外な感じでした。

プロポリスの作り方(その1)- 採れたてのプロポリス

採れたてのプロポリス

プロポリスの作り方(その1)- ベルトのようなプロポリス

そうしたミツバチの社会では、その数が最盛期になるとハチミツやローヤルゼリーとともにプロポリスの生産も最盛期を迎えます。プロポリスとは、様々な植物の皮や芽などを集めてきたミツバチが自分の唾液で塗り固めた樹脂様の固体で、ハチの巣の修復やハチの巣を外敵から守るために使うと言われています。実際は、これによりハチの巣内の温度が一定に保たれたり、抗菌性が高めれたり、非常に多くの効果をもたらしていることがわかっています。ハチの巣箱は、ハチが自由に出入りしやすいように枠を設けてあるのですが、次第に彼らはその枠の下と上にプロポリスを塗り始め、自分たち以外の動物や生き物が侵入できないように、小さい丸い穴を残してその枠をプロポリスで埋め尽くしてしまうのです。その穴の間隔は見事に等間隔で、まるで「ベルト」を作っているような不思議な光景です。養蜂家はこれらの枠を一つの巣箱に複数作るので、一つの巣箱から複数のベルトが採れるのです。これが、プロポリス原塊そのものなのです。(次回に続く)

骨細胞が免疫力を高める?

骨細胞と胸腺と免疫力の関係

神戸大と北海道大のチームが骨細胞にダメージを与えたマウスの胸腺を調べたところ、急激に小さくなっていたとの話。元々胸腺はT細胞などを蓄えた免疫を司るところと言われているので、骨細胞に異常があると、胸腺がダメージを受け、免疫力が低下するという理屈です。

骨は、骨を作るだけでなく血液も作るし、結構重要な役割も果たしているのだけれども、単なる骨と思われがちです。では骨を健康に保つ方法は何かと言えば、栄養・運動・日光浴の3つが大事。このうち、栄養面ではカルシウムに加えて、カルシウムの摂取を補うビタミンDなどが必要となります。具体的な含有量が多い順の食べ物で言えば、カルシウムは干しエビ、煮干し、桜エビの素干し、エビの佃煮、ひじき、えんどう豆、パルメザンチーズ、ごまなどで、ビタミンDはきくらげ、あんこうの肝、しらす干し、いわし、たたみいわし、身欠きニシン、すじこ、しらす干しなどです。ということは、毎日乾物を食べ、適度に外で日光を浴びながら運動していれば、骨は元気で免疫力も高いということになるわけです。確かに昔の一般的な家庭の子供は、当たり前のようにいわしを食べ、煮干しでダシを取った味噌汁を飲み、毎日外で遊んだものでした。だから、健康だったのも当たり前なのでしょうか。

まあ、子供は胸腺も発達していて、免疫力も大人より数段高いということもあるのでしょうが、なんと1950年代はどんな病院でも子供にもレントゲンを当てて大きな胸腺にダメージを与えていたそうです。ということはこの時代に子供だった人たちの平均寿命は短かったりしたのでしょうか?骨も謎が多い部位ですが、胸腺はもっと謎めいている臓器ですよね。昔は胸腺は大人になったら退化して必要のないものとも言われていましたが、今はT細胞などが収められている臓器とされ、その重要性が再認識されていますが、それにしても人間の中で最も老化が早く小さくなってしまう部位で、未だにその役割の全てはわかっていないようです。

このニュースソースは2016年12月6日の時点で削除されてしまっており、出典がわからなくなりました。すいません。

ブラジル人の胃袋 – 青年男子なら1回に肉1キロは当たり前

誰でも大食い選手権に出れそうなブラジル人の胃袋

ブラジルのランチで ブラジル人の胃袋にたまげた

ブラジルのランチ

ブラジルではご飯に煮こんだ豆をかけたものが定番で、これがいわゆる主食になりますが、これ以外は肉と野菜とくだものを半端なくたくさん食べます。特に驚くのが肉のバリエーションで、日本で食べる牛の部位以外にも、背中のコブ、しっぽ、足の先、胃袋、心臓など、それも干し肉にしたり、血のソーセージにしたり、当然豚も鳥も羊も食べるので、どこのレストランに行っても肉の種類だけで20種類くらいはありそうです。安めの食堂だと、バイキング方式で好きな食べ物を選んで自分の皿に盛って食べますが、ちょっと高級なところに行くと、肉の塊を持ったお兄さんが、この肉は何の肉かと説明しながらやってきて、食べる意思表示をすると、その好きな場所を好きな量だけ切ってくれます。昔日本でも流行った、いわゆる”シュラスコ”というやつで、自分の席の前にある札を「食べます」と表示してある緑色にしておくと、お兄さんたちはテーブルにずっと色んな肉を運び続けますが、この札の裏、「もう要りません」という赤い札にすることでようやくお兄さんたちは攻撃をやめてくれます。つまり、肉のわんこそばなのです。こんなすさまじい肉攻撃が当たり前の国ですから、ブラジルの平均的な男性はなんとシュラスコで1キロぐらいの肉を平らげてしまうそうです。私は今まで一番食べた肉がニューヨークで400グラムのステーキですから、彼らの大食漢ぶりがわかるというものです。

女性も負けず劣らずのブラジル人の胃袋

そういえば、男性だけでなく、女性もとても体格のよい、いや良すぎる女性がいっぱいいました。肉を食べる量もそうですが、くだものなど甘いものもかなり食べるので、特に女性の場合ヒップの大きさが想像を絶した、異次元体験のような、突然殴られたかのような衝撃!一方、近隣がみな町に引っ越してしまって、山奥でポツンと一軒家に残り、未だに養蜂で生計を立てているご家族の奥さんと娘さんに会いました。彼らは必要なものだけを町まで買いに行く、家畜も野菜も殆ど自給自足なのでしょう。彼らは健康的にスリムだったのがとても印象的でした。少しくらい不便なくらしの方が結果としていいこと、なのですね。

ブラジルへのトランジット – アメリカだけは経由しちゃだめだ

ブラジルへのトランジットは世界の殆どの国経由で行ける

2013-09-29-17.36.09ブラジルは日本からおよそ18,000キロ離れた地球の裏側にある国で、時差はちょうど12時間。感覚的には相手が今何時かということはすぐわかるのだが、それだけ遠いからおいそれとはなかなか行けない。ビザを取得するのにも提出書類を揃えるだけでも手間なのに、申請には、東日本なら東京ブラジル総領事館、西日本なら名古屋ブラジル総領事館に行かねばならず(静岡だけは浜松ブラジル総領事館が例外的にある)、これだけで滅入ってしまう。さらには、今まで何度も立ち消えになったブラジルへの直行便がいまのところないため、どこかの国経由で行かなければならない。

ブラジルへのトランジットに安いアメリカのユナイテッド航空を選んでみたら。。

先日ブラジルに行くとき、先ず航空機チケットのサイトでどんなものがあるかを調べてみた。すると、あるわあるわ、ざっと調べただけでも、アメリカ経由、カナダ経由、ドバイ経由、アブダビ経由、南アフリカ経由、フランス経由、イタリア経由、オランダ経由・・・、まあ地球の裏側にいくのだから、理論的には世界のすべての国を経由するので、どこ経由もありというわけだ。ドバイや南アフリカ経由にもかなり興味はあったが、やはり今まで利用したことのある、あまり好きとは言えないがその酷さが想定できる、アメリカのユナイテッド航空を使うことにした。ところが、たまたま私の選んだユナイテッドはワシントンD.C.経由だが、これが最悪だったのだ。というのは、アメリカのワシントンD.C.は最も政治の中枢に近いところなので、入国者にはもちろん、たんなるトランジットですらも最も厳しいセキュリティチェックが行われるところだったのだ。つまり、世界で一番セキュリティチェックが一番厳しい国の、一番厳しい空港というわけ。

実際、入国審査から雰囲気が全く違った。いくつかのゲートの前に審査を受ける人がランダムに並んでいたが、私が適当にその1つの列に無造作に並ぶと、黒くて大きな審査官がこちらをジロッと睨み、「もう、お前の後ろに誰も並ばせるな!」と勝手に並ぼうとする者を制止した。たちまち走る緊張感。そして、全ての人の両手の指紋登録と顔写真撮影がほとんど無言で行われる。まるで強制収容所のよう。さらに荷物検査はパソコンや携帯電話、金属のついた物品を外してトレイに乗せるだけでなく、靴を脱ぎ、ベルトを外し、レントゲンの機械のようなものの前でバンザイの格好をして制止。そして、ボディタッチでのチェックも欠かさず。。。まるでアメリカのドラマを見ているかのような完全チェックに恐れ入った。それも、一度受け取ったスーツケースを次の飛行機に預けるために持ち運んでいたら、いきなりベルトコンベアに荷物をどんどん押し込んでいる黒いおっさんにスーツケースを奪われてしまい、慌ててそのスーツケースのありかを求めて探し回ってたら出発エリアを出てしまい、なんと普通では絶対にない二度目の究極セキュリティチェックを受けるはめになってしまった。さすがに二度目はベテラン気分だったが。

ブラジルへのトランジットには今のところドバイ経由がいいらしい

後からブラジルの知人に聞いたところ、アメリカのワシントンD.C.は一番セキュリティチェックが厳しく、一方中東のドバイ経由あたりが一番楽なのだそうだ。だから、旅慣れている人は、経由するだけでビザ購入も要求されるアメリカは決して経由せず、セキュリティチェックなどほとんどない、機内もゆったり、食事もよい中東のエアーを使うのが当たり前とされているそうだ。何事も経験だが、経験しなくていい経験もあるとちょっと残念に思った。

アフリカ化ミツバチ – ブラジル産プロポリスの影の主役

アフリカ化ミツバチ – 偶然が生んだ奇跡のミツバチ

アフリカ化ミツバチブラジルの養蜂で使われるミツバチは、1950年代にブラジルに実験的に持ち込まれた凶暴なアフリカミツバチが逃げ出して、たまたま西洋ミツバチと交配して生まれた変わり種で、ブラジルだけにしか存在しない特別なミツバチです。

ただ、このアフリカ化ミツバチこそ、ブラジルのプロポリスを世界最高峰たらしめている一つの大きな要因です。もともと凶暴で牛や馬などの家畜を襲うなど深刻な問題を引き起こしていたアフリカミツバチでしたが、働き者の西洋ミツバチと交配することでその凶暴さは薄れ、とてもタフな働きバチに生まれ変わったという自然界の奇跡が起こったのです。通常のハチの2倍の航行速度で飛び、3倍の高さを飛ぶこのハチは1日3,000キロも飛び回るとされ、とても多くのハチミツと花粉を集め、プロポリスを作り出します。

実際に、どれだけ大きいのか拝見させていただきましたが、思ったよりも小ぶりでちょっと驚きました。ただ、雨の日に巣箱を触られると怒り出すような日に巣箱の中を覗かせていただいたので、とても激しく抵抗されたのを覚えています。後から撮ったビデオを見るとやはり強烈なアタックとその羽音が凄かったことが記録に残っていました。それも、たった1箇所刺されただけでしたが、腫れは4日ぐらいひかず、刺された後は10日経った今もうっすら残っているほどです。恐るべし、頼もしきアフリカ化ミツバチ。

グリーンプロポリス至上主義

グリーンプロポリスは本当に最高なのか?

ブラジルに行く前、プロポリスに関する本には、ブラジルのプロポリスはアレクリンやアサペシなどを特異的に含んでいるから一番なのだとか、いや、グリーンプロポリスなどは全く意味のないもので、やはりフラボノイド含有量が多いプロポリスこそ一番なのだ、とか諸説分かれていて、そこを知りたいと思っていました。

グリーンプロポリスの原塊

プロポリスの原塊

グリーンプロポリスが最高というのは日系人に多い

実際、二つの農場を訪問して面白いことに気がつきました。最初の農場は日本人の方が経営する農場で、こちらはアレクリンが群生するところを好んで選び、採取されるプロポリスの色は鮮やかな緑。そして、二つ目の農場はブラジル人の方が経営する農場で、ここは特にアレクリンを意識したものではないプロポリスで、その色は茶色。見事にその色は違うのです。

確かに、アルテピリンCを発見して学会で発表したのは日本のドクターで、これ以降多くの日本人がこぞってアルテピリンCを多く含むアレクリンリッチなプロポリスを求め始めたのに対し、普通のブラジル人はアレクリンの存在を知ってはいますが、敢えてアレクリンだけの群生地でハチにその芽を食べさせることはしていないのです。

アレクリンリッチなプロポリスの方が上なのか、フラボノイドリッチなプロポリスの方が上なのか、明確な答えはありませんが、現地の日系人に限って言えば、みなアレクリンリッチなプロポリスの方が上と口を揃えていたのが印象的でした。飽和しつつあったプロポリス市場を打破するためにグリーンプロポリスがもてはやされたという見方もありますが、実際プロポリス原料にはグレードがあり、アレクリンリッチなプロポリスはAランクに位置づけされているのです。どうやら、グリーンプロポリスは最高という評価は日系人によって広められ、それが市場動向さえも形成しているというのが実情のようです。

ブラジル訪問 – ブラジルに行ってきました

ブラジル訪問 – ついにブラジルに行って来ました

ブラジル訪問長年ブラジルプロポリスのショップを運営してきましたが、今年ついにブラジル初訪問してきました。見るもの聞くもの、何でも初体験でしたので、驚きの連続でした。とりわけ驚いたのが、サンパウロでの交通量。人口密度が非常に高い都市とは聞いていましたが、朝7時半にはもうサンパウロに向かう車が5-10キロにわたって渋滞しているし、宅配バイクは車と車の間をすり抜ける危険な運転を繰り返し、ブラジルについたその日にバイクがバスとトラックに挟まれて吹っ飛ぶのを見てしまいました。夜になると、宅配バイクだけでなく、通勤のバイクの多さは想像を絶するものがあり、バイクの後ろにまたバイクが数珠つなぎで走る始末。もうここまで来ると、完全に昼間の交通機関はパンク状態で、地下鉄の改善を図るしか直近の手立てはないでしょう。(写真はサンパウロ市内の市営競技場)

ブラジル訪問 – 行くならポルトガル語を覚えましょう

来年サッカーのワールドカップがありますが、グアルーリョス国際空港からは電車はなく、もっぱらバスか車での移動となると「これどうするの?」と言いたくなります。今回は言葉が通じる人のフルアテンドでサンパウロとミナス州だけの訪問でしたが、ブラジルはほとんど英語は通じず、もっぱら「ブラジリアンポルトガル語」ですから、ある程度の言葉を覚えておかないと一人での移動は先ず無理でしょうし、日本人が荷物を抱えてフラフラ歩いていると目について狙われる可能性大です。特にサンパウロは、手入れが何度も入りリオから流れてきた札付きのワルが急増しているらしく、知らないところでの夜の外出は避けた方がいいと言われました。

ワールドカップの会場自体の準備もままならず、交通網も非常に不便ということで、初めてブラジルに行ってワールドカップを見る人には多くの困難が生じるだろうと思われました。それでも、みんな何とかしちゃうんでしょうね。開催側も見る側も。げに人間は逞しきもの、かな。