月別アーカイブ: 2014年9月

プロポリスの危険性

プロポリスの危険性についてきちんと説明されているか?

プロポリスの危険性

むしろきちんと作ってさえいればプロポリスは安全

ここ数年、プロポリスは何度目かのブームで、大手企業もこぞって参入している一方、初めて飲むという人も急速に増えて、情報も氾濫しがちになっています。そんな中、どの会社も自分の扱うプロポリスのメリットばかりを主張するものだから、なかなかプロポリスの危険性について教えてくれるところがないのも確かですね。では本当に安全なのか?という疑問がわくのは当たり前です。本当は各社独自に様々な研究や治験などを行って安全性や有効性についてのエビデンスを集めているのですが、これは薬事法などの絡みがあり、現時点ではメーカーや販売会社自身が公表することはできません。当店もプロポリス販売店という立場なので完全中立とはいきませんが、可能な限りコメントしてみたいと思います。

先ず、プロポリスが危険かどうかということですが、以前1970年代にアルゼンチンで販売されていたプロポリスが抽出アルコールにエチルアルコールではなくメチルアルコールを使用したことがあり、失明や肝臓障害など様々な事故を起こしたことがあります。これは、プロポリスに問題があったわけではなく、抽出業者がコストを安くあげようとメチルアルコールを使用したわけですが、メーカーが体内で蟻酸という猛毒に変化することを知らなかったのかと呆れてしまうような話でした。現在では、輸入されるプロポリスはそのアルコール成分についても厳しく調べられますので、そうしたあり得ないような事は起きません。

また、色々なサイトを見てみると、プロポリスが重篤な肝臓障害を起こすと書いているところもあります。ただ、プロポリスの権威、松野哲也教授の著書(*1)には、2年間毎日30mlのプロポリスを飲み続けた人の生化学検査でも、問題があった臓器の数値の改善はあっても悪影響は全く見られなかったという話がありましたし、プロポリスのショップをもう10年続けていますが、そうした機能障害があったという話は聞いたことがありません。

この裏付けとして、食品の安全性に関し用いられる急性毒性試験(LD50)の文献データがあります。これは、投与した動物の半数が死に至る致死量を測定する試験ですが、プロポリス抽出液を用いたヨーロッパで行われた試験では、対マウスが7.34g/Kgで毒性なし、皮膚に対する一次性刺激試験でも無刺激性と判定されています。(*2)

過信は禁物

ただ、プロポリス関連の書物を読むとよく書いてある「メンケン反応」というものには疑問を持ちます。これは、プロポリスを飲み始めた直後、体の悪いところが急激に悪くなった後、急激にそれが回復・改善するというものです。先ずそんなことは薬事法を前にして言えないのは当たり前ですが、万が一、そういう改善がなされたとしても、それが100%保証されないのであれば、恐ろしくて薦めることはできません。もし、プロポリスを飲んで気分が悪くなってそれが戻らなかったら誰が責任を取るのでしょう。私ならば、即飲用を止めることを薦めます。

また毒性とは別に、プロポリスの危険性について最も議論されているのがアレルギーです。はちみつアレルギーや蜂毒アレルギーを持っている人は下手をするとアナフィラキシーショックを起こし、最悪の場合命にかかわると。確かに、プロポリスは200-300もの成分からなる混合物の王様みたいなもので、種類が多い分余計にアレルゲンを含む可能性はあるかもしれません。ただ、どんな食物にもアレルゲンとなる可能性があります。アレルギーとは一体何でしょう?アレルギーとは、白血球やリンパ球など、体の免疫機能が体の外敵でないものさえも敵だとみなし攻撃を行うことです。中には自分の体の一部をアレルゲンとみなして、自分を攻撃し続けるリウマチやアトピーなどの自己免疫疾患もあります。これらアレルギーは、近代病とも言われ、清潔な暮らしになればなるほど、攻撃する相手を失った免疫機能がなんらかのエラーを起こし、自分や外敵でないものすら攻撃するようになったのではないかという説もあります。このエラーは、遺伝子の異常など様々な原因が示されていますが、加齢により破損した遺伝子は修復されることがないため、ある日突然アレルギーを発症することになるのです。基本的にはこれらの発症したアレルギーは緩和されても、完全に治癒されることはありません。将来、iSP細胞で生まれたときの臓器や器官と取り替えることができるのであれば、こうした免疫異常は完治することも可能だとは思いますが。

大切なのは使い方

話は長くなりましたが、プロポリスがアレルゲンとなる可能性はありますが、他の食物と同じだけの可能性であって、特異的にアレルギーを起こしやすいものということではありません。昨年、ブラジルの養蜂場に行ったときにハチに刺されました。刺された後、1週間程度熱を持ち、なかなか腫れが引かず、現地の人にもこれはアレルギーではないかと言われました。現地の養蜂場で働いている人の話を聞くと1日に20箇所も刺されるそうですから、もしそんなに腫れが引かなければ仕事にならないでしょう。それでも、私は毎日プロポリスを飲んでいて、何の問題もありません。

最後にもう一つだけ、プロポリスの飲用の歴史はまだ短いということ。人類はプロポリスを4,000年も愛用し続けてきましたが、実は飲むという歴史は20世紀になってからです。それまでは皮膚に付けることが殆どで、飲んではいませんでした。なので、飲むことについての危険性は見つかってないのではないかという疑問はあります。確かに、あれだけ刺激が強いものですから、胃弱の人で飲むのがつらいお客様はいらっしゃいました。当店でも直接そのまま飲むことは薦めていません。でも、考えられる危険性はそんな程度です。

どんなものにでも危険性を見つけることはできますが、むしろプロポリスは自然から採れたもので、メーカーがきちんとした環境で作ったうえで、その使い方さえ間違えなければ皆さんの素敵なパートナーになってくれると思います。

ブラジルプロポリス製品の安全性について

プロポリスの危険性2 – アルテピリンC徹底調査

プロポリスの危険性3 – 医師の見解

 

参考文献:(*1)「プロポリスでガンは治るのか?」松野哲也著-中央アート出版
(*2)Europe PubMed Central – http://europepmc.org/abstract/MED/8410623

機能性表示とシステマティックレビュー

システマティックレビューって何?

機能性表示とシステマティックレビュー

機能性表示にはこんな膨大な資料が必要?

来春2015年から、食品表示のルールが大きく変わります。これは、現時点で「機能性表示」と言われている、体の部位への効果を具体的に示すことができる画期的なルールです。今までは申請に大金がかかるトクホや、一部の物質のほんの少しの体への効果しか示せない栄養機能食品しかありませんでしたが、今度の「機能性表示」は免疫強化や、「目にいい」など今までには考えられなかった表現も可能になるのです。

これは今後アメリカとのTPP交渉を見越した日本政府の慮りがなしえる業で、これについては色々意見はあると思いますが、とにかく今まで医薬品以外は効能効果を一切謳ってはならないとした金科玉条の薬事法に割り込んで効能効果を謳うことを認めるルールが採用されることは、まさに画期的と言っていいでしょう。ただ、何のしばりもなく、食品が好き勝手に効能効果を書くことはできません。先ず、治癒ということは書けませんし、一定部位についての効果しか書けません。これは、考えれば当然のことだと思います。何の根拠も試験、分析結果もないままに、誰でも勝手に効能効果を書けるようになったら、それは画期的以上の、滅茶苦茶な世界になってしまいます。

この機能性表示を行えるのは、きちんとした納得のいくデータを提出して承認された食品だけなのです。この提出されるデータのことを システマティックレビューと言い、これは医療の現場で日頃起こる疑問、いわゆるクリニカルクエスチョン (clinical question;CQ)に対して,できるだけ多くの研究を集め,類似した内容を統合し 偏ったり、質の悪い研究結果を排除する評価をしながら分析をまとめたサマリーのことを言います。これらのいわば、「集合知」が十分な量で、何らかの効果などを明示できるものであれば、機能性についての表示を認可してもらえるのですが、あまり研究資料がない場合や、効果についてあまり高いパーセントが出ていない場合などは、認可は得られないということです。

このルールは今後の食品業界に大きな影響を及ぼします。しっかりシステマティックレビューをまとめられるだけのマンパワーと知識を持った大きな企業であれば、様々な可能性が開けるのですが、それだけの余裕のない企業は、今まで通りなんら機能性表示ができないままの商品を販売するしかなく、そこに顧客への訴求力の違いを生んでしまいます。つまり、余力のある大企業の方がよりモノが売れ、中小は売れないという恐れもあるのです。ただ、食品業界や健康食品業界は、特別な資格や知識の集約もない、誰でも参入できる業界でしたが、今後はしっかりとした知識の集約がある企業が生き残れる「知識集約型」産業になっていくという見方をすると面白い業界になっていくだろうとも思えるのです。

薬草について – その紆余曲折の歴史

薬草について

多種多様な薬草

人類は古来、植物を様々な目的で利用してきました。中でも怪我の治療や病気の治癒のために利用されたいわゆる「薬草」は興味深いものがあります。中国では中薬、それが日本に伝わり改良された漢方薬、南米の薬用植物、東南アジアの薬用植物、古代ローマでも薬用植物の書が編纂されるなど、世界中でユニークな薬草は作られてきました。これらは、そのまま葉を絞ったり、潰したり、エキスを抽出したり、またこれらを混ぜ合わせたり、様々な手法で作られ、その国や地域で長いもので数千年も重宝されてきたのです。ところが、近代になって西洋医学が台頭すると、それらの薬草に含まれている特定の有効成分だけを抽出、単離し、これだけを使用した医薬品が作られるようになりました。

西洋医学によれば、有効成分だけで作られたものが医薬品であり、夾雑物が混じった自然から採取された薬草は医薬品でないとして扱われることになったのです。これは西洋医学が伝承療法を大きく凌駕する先進国であればあるほど決定的で、それまで医薬品として扱われてきた薬草は、どんどん隅に追いやられることになりました。日本では、それまで医薬品として扱ってきた漢方薬の処遇に苦慮し、結局例外的に医薬品として認めることになりました。但し、日本国外で長年薬草扱いされてきたものに関しては、医薬品としては扱わず、効能効果を認めない単なる食品としてのみ扱ってよいという位置づけになってしまったのです。プロポリスやノニなどもその仲間です。ただ、西洋医学のもと生まれた、化学薬品は薬草などを単離して混ぜ合わせただけでなく、化学的に加工して作った薬品も多く、これらは薬草を使用していたときには起きなかった薬害を引き起こしています。たとえば、抗生物質などは、特定のウィルスに高い効力を発揮しますが、強い分だけ生き残ったウィルスが耐性を持ち、どんな薬も効かない多剤耐性菌を生んでしまったり、効果が絶大な反面副作用によって体に大きなダメージを与えてしまう抗がん剤など枚挙に暇がありません。そのため、直接的な効果は医薬品よりも薄いけれど、穏やかに作用し、副作用も生まない薬用植物を効果的に使用する医師も散見されるようになりました。日本では東洋医学を取り入れた病院がその一種と言えるでしょう。

西洋医学の進歩を否定するつもりは全くありませんが、人類が数千年の時間をかけて培ってきた薬用植物の存在も全否定しないで、状況に応じて両方をうまく使い分ける、柔軟で新しい医療が主流になる時代の到来を望みたいですね。