お知らせ

ブラジルでの食肉検査の不正事件の影響
3月に発覚したブラジルでの食肉検査の不正行為に関連して、厚生労働省は不正行為を行った21工場からの鶏肉、はちみつ、プロポリスの輸入を認めないことを発表しました。また、それ以外の工場で作られたプロポリスの輸入に関しても全品検査を義務づけました。
当店は、輸入禁止の工場で作られたプロポリスを販売しておりませんが、この検査により入荷が遅れる恐れがありますので何卒ご容赦ください。ブラジル産食品についての決定・通達事項の詳細は、通達厚生労働省のホームページをご覧ください。

お客様プレゼント:2017年よりお客様へのプレゼントが変わりました。
2回目以降のお客様で、複数の商品をお買い上げの場合、ブラジルプロポリスオリジナルのプロポリッチソープ(プロポリス入り石鹸)をプレゼントしております。

インペリアルプロポリス液体タイプ、プチリニューアル!:12月の半ばからお届けしているインペリアルプロポリス液体タイプは、箱の表面に「GREEN」という緑色のラベルが貼られています。これはグリーンプロポリスであるということを強調したものですが、さらに中に入っているスポイトが先細ガラス管になりました。一部の方より、カプセルに詰めにくいというお叱りの声をいただき、ガラスの先細タイプに変更したものです。より使いやすくなったインペリアルプロポリス液体タイプを是非ご利用ください。

定期購入のサービスを再開いたしました。以前より選択肢が増えましたので、是非ご利用ください。

その他のお知らせは、店長ブログ「プロポリスのひとりごと」をご覧ください。

ご質問について
当店のサービス・商品に関するご質問は、先ずよくあるご質問をご参照ください。それでもご不明な点などがありましたら、お気軽にお電話(0120-262862:フリーダイヤル-平日AM9:00-PM5:00)いただくか、またはお問い合わせフォームより、お問い合わせください。

サカモトワックスフリー


  • 商品の一覧はこちら
  • ワケあり商品はこちら
  • 製品在庫・入荷状況
  • 製品価格早見表
  • 定番ロングセラー
  • 新商品一覧
  • 定期購入商品一覧
  • 充実の特典サービス
  • なるほどプロポリス
  • ブラジルプロポリス専門店 違いがわかる4つのこだわり
  • プロポリスの選び方[製品比較]
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ピンクの枠が休日です。

休日もご注文は受け付けております。

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ピンクの枠が休日です。

休日もご注文は受け付けております。

お客様の声 ご愛用者様からお寄せいただいた商品レビューです。

  • ブラプロのひとりごと

プロポリスの選び方(製品比較)

プロポリスの選び方(製品比較) きちんと選んでいますか?ミツバチが集めるプロポリスは1つとして同じものはありません。

昔からプロポリスが健康に良いとはよく言われますが、最近の新たなプロポリスブームもあって、本格的な液体タイプから、アメ、歯磨き粉、シャンプーまで数え切れないほどの製品が出回っています。でも、どれもが最高!と書いているのでどのプロポリスが本当に「いいもの」なのかわかりませんね。ここでは、初級者から上級者までご納得いただける、「ブラジルプロポリス」流プロポリスの選び方をご紹介します。

商品比較をする前に(これだけは知っておきたい!)

[産地別]プロポリス主要構成成分
ブラジルのごく一部の地域で採取されたグリーンプロポリスは、ブラジル特有の植物アレクリンが豊富に含まれアルテピリンC含有量が高い

みつばちは、自分の飛行距離の及ぶところから、樹木の特定部位(新芽やつぼみ、樹皮など)から採取した樹液や色素などに、自分の唾液を混ぜてプロポリスを作ります。プロポリスは、そのみつばちが棲んでいる地域の植生(植物の種類)や収集時期によってもその成分が違ってきます。この成分の違いが製品評価の違いにもなるため、採取される国や地域が重視されています。
とりわけ、ブラジル産は世界で最も良質と言われていますが、それは主に以下の理由によります。

  • 生物多様性・・・日本の面積の2倍もあるブラジル自然林は、厳しい環境の下様々な生物力にあふれており、そこで育った植物から採れるプロポリスの成分も多様性に富んでいると言われます。
  • アルテピリンC・・・ブラジル産のプロポリスには元々豊富なフラボノイドに加え、他国産には含まれないアルテピリンCなどの桂皮酸誘導体が多く含まれています。
  • アフリカ蜂化ミツバチ・・・実験のためにブラジルに持ち込まれた凶暴なアフリカ蜂が逃げ出して、たまたま働き者の西洋ミツバチと交配して生まれたブラジル独特の蜂。とてもタフな上に勤勉で、他の蜂が行けない場所からもプロポリスを集めてきます。
  • ブラジルの重要輸出品扱い・・・プロポリスはブラジル政府にとっても重要な輸出品となっているため、ブラジル農林省の厳しいクオリティチェックを受けてパスした製品でないと輸出許可が与えられません。

プロポリスの選び方

プロポリスを選ぶなら、次の3つのポイントで選びましょう。
目的別・飲みやすさ・コストパフォーマンス

  • 目的別で選ぶ
    ブラジル産のプロポリスは、健康で負けない体づくりを目指す方のためのグリーンタイプと、若くみずみずしくありたい方のためのバランス型に大別できます。
  • 飲みやすさで選ぶ
    プロポリスを飲みたいけれども、あのニオイ、味がダメ、という人も少なくありません。初心者にはカプセルがおススメですが、最近どの液体製品も大切な成分は減らさずにヤニをできるだけ取り除いていますので、以前よりぐんと飲みやすくなっています。
  • コストパフォーマンスで選ぶ
    あなたが選んだ製品は価格に内容が伴っていますか?各製品を、価格と成分、濃度から徹底比較してみました。

これら3つのポイントでしっかりあなたのプロポリスをお選びください。

目的別で選ぶ

ブラジル産のプロポリスは、健康で負けない体づくりを目指す方のための「グリーンタイプ」と、若くみずみずしくありたい方のための「バランスタイプ」に大別できます。

アルテピリンCの比率
バランスタイプ:若くみずしくありたい方へ(フラボノイドとアルテピリンCがバランスよく含まれている)
グリーンタイプ:健康で負けない体作りを目指す方へ(アルテピリンCの比率が高い)

ブラジルプロポリス調べ:2016年1月時点調査

飲みやすさで選ぶ

どの液体プロポリスも、大切な成分は減らさずにヤニをできるだけ取り除いていますので、ぐんと飲みやすくなりました。初心者にはカプセルがオススメです。

飲み方の種類

商品にはカプセルや液体、スプレータイプがあり、それぞれに特徴があります。
ご自身の飲みやすさに合わせてお選びください。

商品タイプ長 所短 所
ソフトカプセルタイプ飲みやすい・扱いやすい中身が染み出さないように、大量の油分で
くるむため含有量が低い
液体タイプ固形分の含有量が多いニオイや味が強烈。付着すると取れにくい
キャンディー摂取しやすいプロポリス自体の含有量は少なめ
タブレット扱いやすい錠剤の形を整えるために、賦形剤を使用する
スプレー特定の目的に最適味を調えるために濃度は低め

コストパフォーマンスで選ぶ

通常、プロポリス濃度が高い製品ほど、その価格も高くなります。
このグラフでは、グラフの左上に位置している製品ほど、価格の割に濃度が高いことを示しています。(グラフの左下から右上まで直線を引き、その線から左上に離れている製品ほどお得)カプセルはコストパフォーマンスが悪く見えますが、飲みやすくする為に固形分量が少ないからです。

参考 | 他社液体平均額…15mg:8,000円 / 他社カプセル平均額…4mg:12,000円

固形分量(mg/日)|製品価格(円/1ヶ月分)

ブラジルプロポリス調べ:2016年1月時点調査

製品評価レーダーチャート

下記にある各製品の評価欄に記載してあります。

ブラジルプロポリス調べ:2016年1月時点調査

製品評価
[飲]飲みやすさ [¥]価格 [濃]固形分濃度 [C]アルテピリンC [F]フラボノイド [使]使いさすさ

  • インペリアルプロポリス液体タイプ
  • ミヤモトプロポリスゴールドラベル
  • ブラジルポロポリスベルデリキッド
  • MNプロポリスオーロ液体タイプ
  • 林プロポリス白箱液体タイプ
  • 林プロポリスエクストラ液体タイプ
  • インペリアルプロポリスカプセルタイプ
  • ブラジルポロポリスゴールドカプセル
  • サカモトプロポリスワックスフリー
  • ミヤモトプロポリススプレータイプ
  •  
  •  



プロポリスの選び方上級編・・・ここまでは、重要な数値がわかっている場合の製品の選び方(当社製品比較)でしたが、ここからは、もっと数値などが不明な、一般的なプロポリス製品の選び方です。


国産とブラジル産の違い

国産プロポリスはほとんど存在していません。

国産とブラジル産、どちらが良いかと聞かれることがありますが、実はほとんど国産は存在していません。

  • 国産と言っても、殆どのものがブラジル産の原料を使用していますし、日本に輸出されるものはほぼ上位グレードの原料ばかりです。ただ、国内で作られるプロポリスは濃度が薄かったり、含有量が少なかったりするものが多く、当店のブラジル産を初めて飲まれた方はその濃さの違いに驚かれることも多いようです。
  • 原料が国産やオーストラリア産の良質のプロポリスも作ることはできますが、コストが非常に高くなってしまうため、とても高い製品になるか、またはお求めやすい価格の薄い製品のものが多いようです。

プロポリスを選ぶうえでのチェックポイント

各社色々な訴求をしていますが、製品の差は、固形分や成分の差になります。プロポリス特有の成分がどれだけ入っているか、先ずはそこをチェックしましょう。

含有量についての表示はよく確認しましょう!

  • フラボノイド/ケルセチン
    従来、製品を比較するうえで重視される成分はフラボノイド、それも単体なら最もプロポリスに多く含まれるケルセチンでした。ブラジル産とオーストラリア産のプロポリスは一般的にフラボノイドを多く含むと言われていますが、具体的にそれらの数値が書いてあると安心です。但し、一般に販売されている食品や健康食品の中にはフラボノイド含有量が高いものも多いので、フラボノイド含有量だけで製品を選ぶのは、それほど得策ではないかもしれません。
  • プレニル桂皮酸誘導体/アルテピリンC
    1990年以降、グリーンプロポリスがもてはやされる最大の原因となったのがアルテピリンCというプレニル桂皮酸誘導体の一種の成分です。このアルテピリンCは、アレクリン、アサペシなどブラジルの特有の植物にのみ含まれる成分です。最近になって、アルテピリンCの値を表示する商品も増えてきましたが、特にアルテピリンCはついては採れる時期によって大きく変化するので要注意です。実際、あるときアルテピリンCの値が5%を超えているような商品でも、次回購入したときに調べると3%台だったり、3%台のものが0.5%だったときもあります。これはアレクリンの成長の状態が関与していると思われますが、詳しいことは未だわかっていません。
  • カプセル/タブレット
    液体製品に比べると、カプセルやタブレットタイプ製品は、他の原料を混ぜるために、プロポリス自体の含有量が低くなります。これは、ソフトカプセルの場合は、中のプロポリスが染み出ないように油で包む必要があるとか、タブレットの場合は、形を整える必要のためなど、それなりの理由があります。あなたはご自分の飲んでいる製品が何パーセントのプロポリス含有量なのかご存知ですか?因みに、当店のカプセル製品で言えば、全体に占めるプロポリスの量は30%程度です。

プロポリスの規格基準

日本健康・栄養食品協会(JHFA)によるプロポリスの規格基準
(国内の健康食品メーカーが任意で加盟し遵守している基準のため、必ずしもこれに従う必要はありません)

 プロポリス含有量プロポリスエキス含有量
プロポリス加工食品10%以上
プロポリス含有食品0.1%以上10%未満
プロポリスエキス加工食品10%以上
プロポリスエキス含有食品0.1%以上10%未満

カプセルやタブレットタイプの製品は含有量が少ないため、ほとんどのものが「プロポリス(エキス)含有食品」と表示されています。プロポリスの含有量が多いものは、「プロポリス(エキス)加工食品」と表示されます。

これらのポイントを踏まえながら、納得のいく、間違えのない製品選びをしましょう。

国内人気製品のタイプと含有量表示の実態

アルテピリンCの含有量についてはよく確認しましょう!

プロポリスと言っても、カプセルや液体、タブレット、キャンディーなど、それぞれに長所と短所があるので、目的に合わせて選びましょう。最近は、カプセルやキャンディーなど、食べやすいタイプが人気です。どのタイプを選ぶ場合でも、重要な成分とその含有量はチェックしたいものです。特にフラボノイドの中で最もプロポリスに多く含まれるケルセチンや、ブラジル産だけに含まれるプレニル桂皮酸誘導体の中でも、最も注目されているアルテピリンCの含有量はチェックしましょう。

ただ、よく液体タイプに書かれている固形分は高ければいいというものではありません。良心的な製品の場合、不要なヤニを取り除いているために固形分量が低いものもありますので数値だけではなかなか判別できません。また日本ですら、プロピレングリコールなどを添加したり、アルカリ度を高めることにより、無理やり濃度を高めた製品、または濃度が高そうな舌触りにしているインチキ製品も見受けられますので要注意です。
また、こうした健康食品の原料は、自然界で育まれたものを採取するため、内容が全く同じにはなりません。つまり、全く同じ場所で採れたプロポリスであっても、グングン成長しているときのアレクリンの芽を食べたときと、成長が止まったときのアレクリンの芽を食べたときでは、同じアレクリンを食べてもアルテピリンCの含有成分も違ってくるのです。なので、含有成分について明記してあっても、それが毎回その数値が正しいかどうかはわかりません。できれば、ホームページ上に製造ロット毎に含有成分の数値を書いてくれるようなサービスがあるといいですね。

現時点ではそこまで細かいデータを見せてくれるようなサービスはありませんが、液体タイプに限って言えば、固形分が高い割にはさらっとして飲みやすいものが一番です。ただ、飲んでみないとわからないので固形分だけでは購入前の判断材料にできません。固形分だけでなく、プロポリスの原産地や、その他の成分ができるだけきちんと表示されているものを選びましょう。

市販の空カプセルに入れて飲む牛乳など一口含んでから直接飲む

 件数長所短所プロポリス含有量についての表示
ソフトカプセル
タイプ
15飲みやすい
扱いやすい
カプセルの中身がしみださないように、大量の油分でくるむためにプロポリス自体の含有量が低くなってしまう1件が記載なし。1日分として含有量が120mg~1,000mgとまちまちだが、固形分としての表示ではなく、「2倍濃度」や「5倍濃度」と書かれているため、実際の固形分量が不明
液体タイプ13固形分の
含有量が多い
ニオイや味が強烈で飲みにくい、付着すると取れないなど扱いにくい15件中5件が含有量を記載。
20-24%台1件、25-30%台3件、30%台以上は1件だが、固形分としてきちんと濃度について表示していないところが多い
キャンディー8摂取しやすいプロポリス自体の含有量は少なめ2件が表示あり
その他
(タブレット・
スプレーなど)
14タブレット:
扱いやすい
タブレット・ハードカプセル:
錠剤や紛体の形を整えるために、余計な賦形剤や滑沢剤を使用する
なし。タブレットやハードカプセルは、プロポリスエキス末として含有量が表示されているものが多いが、エキス末を作るためにいったん別の物質を混ぜて作るので、100%純粋なプロポリスではない
スプレー:
特定の目的に最適
スプレー:
味を調えるために濃度は低め

楽天市場プロポリス上位ランキング50製品(当社製品と同じ製品を除く)を調査したところ、50件中21件のみが含有量について表示がありましたが、漠然と「エキス」と書いているところが多く、濃度がよくわかりません。また、2倍や5倍エキスと書いているものも、実際の固形分換算量を書いてはいませんので、何となく良さそうなイメージを先行させている商品も多いと思われます。結局、自分に合った商品にたどり着くには、これはと思うものをいくつか飲み比べてみるしかありませんね。

実際に製品を比較してみました

液体編

古くからプロポリス業者が行っているプロポリスの見分け方に、紙の上にプロポリスを一滴垂らし、その広がり方と色を見る方法があります。薄いと液が広がってしまい、その円弧もきれいになりませんが、濃いと円弧は大きく広がらずにきれいな円弧を描きます。

左は某有名健康食品会社の製品で、右は当店のインペリアルプロポリスです。左の製品は、ぺったりと広がって描いた円弧もギザギザなところがあります。
一方、インペリアルプロポリスは厚みがあり、外側はきれいな円弧を描いています。さらにひどい製品ともなると、同じ一滴なのに、どんどん広がって大きなシミのようになるものもあります。(写真)

また、濃度は固形分と糖度(Brix)がよく使われます。多くの製品が固形分やBrixとは書かずに、漠然と濃度○○%と書いています。こうした数値にも注意しましょう。

プロのチェックポイント

1. 含有量が10%を超える製品は、JHFAの基準では濃度の高い部類の「プロポリス加工食品」に含まれますが、30%後半を超える製品は、濃度が高すぎて固まってしまう可能性があります。35%を超える表示をしているものは無駄なヤニを取り除いていないか、またはBrix値(糖度)の可能性が高いと思われます。

2. 緑色に着色して上位グレード品と言ったり、何か別なものを混ぜてBrix値を高めたり、濃度の高くないエキス末を多く使って含有量を多く見せかけたりする製品もありますので、できるだけ多くの数値を見て客観的に判断したり、不明な点があったらメーカーに直接聞いてみましょう。

カプセル・タブレット編

カプセルや錠剤は、液体のように直接調べることができませんので、プロポリスエキスや重要な成分の含有量表記が求められます。しかし、大人気の製品でさえ、全く表記していないものもあるのが現状です。

液体と違ってプロポリスエキス100%ではなく、形状を安定させる賦形剤や中身が染み出さないための油分をかなり多く使っています。実際、当店のカプセルもオリーブ油の方がプロポリスエキスよりも多く含まれています。

また、カプセルやタブレットは、何故それを使っているかがわからない原料も多くあるので、先ずは原材料をよく読んでみましょう。わからないことがあったら、直接メーカーに質問してみるのもいいですね。

(写真)他社製品を多数取り寄せて比較してみましたが、あまりにも何も書いていないものもあって驚きました。(他社製品の写真にモザイクをかけてもなんとなくわかってしまうので、当社製品の写真だけを載せました。ご容赦ください)

当店商品の特徴とデータ

最後に、ブラジルプロポリス本店では皆様が判断しやすいように、できるだけ多くの数値を公表しておきました。ただ、プロポリスは自然食品ですので、固形分以外の分析値は製造ごとに変化します。あまり絶対視せずに、一つの目安としてご判断ください。尚、複数回計測した場合はその最高値と最低値を表記しております。
また、既にご利用の方で、おすすめの製品がありましたら、各製品のページ、ショッピングカーと傍の「レビューを書く」でコメントをお書きください。

 製品名 味・ニオイ、コメント 濃度、成分お客様のレビュー(*5)
インペリアルプロポリス 液体タイプ インペリアル
プロポリス
液体タイプ
  • 独特な風味があるが、飲み口マイルドな飲みやすさ
  • 続けて飲むなら、濃度、価格の面でオススメ
  • 固形分量: 30%以上保証 (*3)
  • Brix 49.7% (*4)
  • アルテピリンC: 3.6%(=30.6mg/ml) (*1)
  • ケルセチン: 20mg/100g(*1)
  • フラボノイド含有量 1.23%(=10.46mg/ml) (*3)
ミヤモトプロポリス ゴールドラベル ミヤモト
プロポリス
ゴールドラベル
  • ピリッとした辛さの中にも心地良い爽快感。後味もよい。
  • ヤニ分が少ないので初めての方にもオススメ
  • 固形分量: 33.1% (*2)
  • Brix 51% (*2)
  • ヤニ分: 0.1% (*2)
  • アルテピリンC: 3.0%(=推定値:25.5mg/ml)~36.25mg/ml(*2)
  • ケルセチン: 15.72mg/ml ~18.1mg/ml(*2)
林プロポリス 白箱 林プロポリス
白箱
  • 飲みやすい。甘さがあり、後味もよい
  • 濃さよりもフラボノイドを重視する方に絶対オススメ
  • 固形分量: 21.9% (*3)
  • Brix: 42.0% (*2)
  • ヤニ分: 0.1% (*2)
  • アルテピリンC: 3%程度 (=推定値:25.5mg/ml)
  • ケルセチン: 22.2mg/ml (*2)
林プロポリス エクストラ 林プロポリス
エクストラ
  • 深みのある最高の味わい
  • 白箱の上位版。
    飲みやすさは秀逸
  • 固形分量: 31.8% (*3)
  • Brix 48% (*4)
  • アルテピリンC: 3.5~4.5%(29.75~38.25mg/ml) (*1)
  • ケルセチン: 18.3mg/ml (*2)
MNプロポリスオーロ MNプロポリス
オーロ
  • 素晴らしい味わいと風味
  • 特筆すべき完成度の高さ
  • 固形分量: 28.4% (*2)
  • Brix 48.0% (*2)
  • アルテピリンC: 3.0%(=25.5mg/ml) (*2)
  • フラボノイド: 18.1mg/ml (*2)
ベルデリキッド ベルデリキッド
  • ピリッと辛いが、後味爽やか
  • アルテピリンC3.6%以上を保証
  • ヤニ分少なくベタつきが少ない
  • 固形分量: 25.9% (*2)
  • Brix 47.4% (*2)
  • アルテピリンC: 3.65%(=34mg/ml) (*1)
  • ケルセチン: 12.2mg/ml (*2)
  • ヤニ分: 0.2%以下 (*2)
サカモトプロポリス ワックスフリー サカモト
プロポリス
ワックスフリー
  • プロポリス独特の臭み、ニオイがしない
  • ベタつきがない
  • 最低固形分量: 16% (*3)
  • ヤニ分: 0.1%以下 (*3)
  • フラボノイド: 4.0mg/ml (*3)
ミヤモトプロポリススプレータイプ ミヤモト
プロポリス
スプレータイプ
  • はちみつ入りで飲みやすい
  • キャップ付きで持ち運びやすい
  • 最低固形分量: 11w/w%(100g中11gのプロポリス固形分量)(*3)
  • アルテピリンC: 12.1mg/ml (推定値)
  • フラボノイド: 5.24mg/ml (推定値)
インペリアルプロポリス カプセルタイプ インペリアル
プロポリス
カプセルタイプ
  • 当店No.1人気プロポリスのカプセル版
  • 飲みやすい・携行しやすい
  • 1カプセルあたりの固形分換算量: 80mg
    各3粒中
  • アルテピリンC: 28.8mg (*1)
  • ケルセチン: 0.11mg(*1)
ブラジルプロポリス ゴールドカプセル ブラジル
プロポリス
ゴールド
カプセル
  • 飲みやすい・携行しやすい
  • 小分けサイズで飲み残しがない
  • 1カプセルあたりの固形分換算量: 80mg
    各3粒中
  • アルテピリンC: 7.5mg (*1)
  • ケルセチン: 0.039mg (*1)
プロポリス入りのど飴 プロポリス入り
のど飴
  • 蜂蜜入りの飴でおいしくプロポリスが摂取できる
  • 小分け包装してあるから持ち運びにとても便利

*1:日本食品分析センター調べ
*2:unesp、またはCETAL S/C(ブラジルの分析機関)調べ
*3:メーカー調べ = 各機関の数値は調べ方の違いがありますので、一概に比較できません。
*4:Brix値は、当社の糖度計で測った数値です。
*5:当店姉妹店の楽天市場店は、セットや価格体系など若干違いがありますが、製品そのものは当店と全く同じです。