塩分過多

なんと世界の成人の4分の3が塩分過多、それも2倍だそうです。WHOのナトリウム推奨量は1日2,000mgだから、つまり2グラム。あなたが朝から晩まで食べているものに含まれるナトリウムがたった2グラム以内に収まっていると確信が持てます?特に外食や市販の弁当は味付けが濃く、次第にその濃さが食品の基準となってしまうので、自宅で調理する回数が少ない人ほど塩分過多は免れないでしょう。それも、味噌汁や漬物など塩分の高いものを食べる日本人は世界の中でも塩分摂取量がトップクラスです。

塩分過多が進めば、当然血圧が上昇し、腎臓や心臓、脳の病気になる恐れがあります。先ずは摂取する量を減らすこと、また過剰に摂取してしまったらカリウムが豊富な食べ物、たとえばリンゴやコーヒー、野菜などを意識して摂取することでナトリウムの排出を促すなど、対処する必要があるでしょう。このままでいけば、世界の半分以上の人が塩分過多による脳梗塞、慢性腎炎、様々な心臓病によって命を失うおそれがあるのです。

塩は人類が発見したとても便利で貴重な調味料ですが、使い過ぎると麻薬のように依存してしまい、やがてはそれによって体を破壊してしまいます。それほど意識していない分だけ、知らないうちに依存、体をむしばむという側面も十分認識しておなかいといませんね。