機能性表示食品届出代行業

突然ですが、ブラジルプロポリスを運営しているコパル物産では、機能性表示食品の届出を代行する業務を開始いたします。これは2015年4月より開始した新しい制度で、国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出れば、機能性を表示することができるというもので、生鮮食品を含むすべての食品が対象になります。

機能性表示食品で提出する書類はこれくらい?

今までは、国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品だけが機能性を表示することが許されていましたが、この機能性表示食品の登場により、より簡単にその食品の機能性を表示することができるようになりました。最近ドラッグストアでもテレビのコマーシャルでも、「手元のピント調節力を助ける」とか、「ひざ関節の動きを助ける」サプリがよく見られるようになったので、皆さんもご存知かとは思いますが、その届出業務を代行させていただくというものです。

ただ、単に届出業務の代行と言っても、簡単な書類を数枚役所に出しておしまいというものではなく、その食品や関与成分の機能性を証明するために、臨床試験を行ったり、査読付き論文を集めて偏りのない結論を導き出すシステマティックレビューを作成する必要があるうえ、受理されるまで1年かかるものもざらにあり、非常に複雑で専門的な業務となります。そのため、世間一般的なニーズが高まりつつあるのに対して、実際にそうした業務を遂行できる専門家はまだまだ少なく、一念発起してこの業務を行うこととしました。詳細は、今後コパル物産のホームページにてお知らせすることになると思いますが、チャレンジングな試みになることは間違いありません。

もしかするとプロポリスの機能性を届けるためでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、現時点ではプロポリスのような関与成分が特定できず、動物由来のエキス、さらにアルコール類は対象外となっているため、プロポリスの機能性表示の可能性は全くありません。そのため、もっぱらプロポリスとは関係のない話となりますが、世界中の様々な論文や試験結果を読むことは、プロポリスとそれ以外のサプリメントを客観的に比べてみるいいチャンスになると思います。

サプリメントの世界は日々ルールが変わり、評価も劇的に変わることもしばしばですが、これからもどんどん新しくなる業界に立ち向かっていこうと思います。