カテゴリー別アーカイブ: 店長のひとこと

栄養豊富なプロポリス- 200種類以上の構成成分

夏バテ解消にもおススメ、栄養豊富なプロポリス

夏バテ解消にもおススメ、栄養豊富なプロポリス

夏バテ解消にもおススメ、栄養豊富なプロポリス

プロポリスと言えば冬と思う方も多いと思いますが、実はプロポリスには200種類以上もの物質が含まれており、夏バテしやすいこの季節にも飲んでいただきたいサプリなのです。プロポリスの主成分は、ケルセチンを筆頭に、フラボン類やフラバノン類など20種類以上のフラボノイドなどですが、さらにはアミノ酸やミネラル、ビタミンも数多く含んでいます。

特にミネラル分は、体の中でエネルギーを作り、皮膚や臓器の新陳代謝を促すなど、体の機能の調節機能を果たしていますが、これらは微量あれば十分であり、それらがほんの少しずつ含有されているプロポリスは最適な健康食品と言えるでしょう。因みにプロポリスに含まれるミネラルは、カルシウム、リン、イオウ、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、セレン、ケイ素、ニッケル、リチウムなどですが、ヒ素やカドミウムなどのような人体に危険とされるミネラルは一切含まれていません。天然の生んだ宝物、栄養豊富なプロポリスで毎日元気にお過ごしください。

誰のための機能性表示?画期的なルールかと思いきや。。

機能性表示のセミナーが目白押しの健康博覧会

機能性表示のセミナーが目白押しの健康博覧会

毎年3月に健康食品業界が一斉に参加する健康博覧会が開催されていますが、今年も会場を視察してきました。華やかな会場ではプロポリス、乳酸菌、アスタキサンチンなど多岐にわたる製品が紹介されている中、今年はココナッツオイル、酵素、水素が今年の注目の的でした。

一方、4月から解禁となる機能性食品についての集中セミナーも受講してきました。当初、アメリカの影響を受けた新制度は、自己責任において効能効果を自由に謳える画期的な制度となるかと期待されていましたが、様々な協議を経て消費者庁が至った結論は、部分的な効能効果しか謳えないというものでした。

ただ、このことは事前に知っていたため、別段驚くことはなかったのですが、セミナーの内容は臨床試験で必要なとても細かなルールだったり、審査にパスするための論文の集め方、手続きなど、完全に研究者向けの内容で、大手企業でなければとてもクリアできそうもないものでした。

つまるところ、全く同じクオリティのものであっても、大手企業だけが機能性表示ができ、中小企業は何も書けないという差別化がまた進むだけなのかもしれませんね。

過敏なのか、普通になったのか、異物混入の話

本当でも嘘でも一度広がると止まらない異物混入の噂

異物混入の話 - 特にこのピザは関係ありません

異物混入の話 – 特にこのピザは関係ありません

最近、食品に異物が混入していたという異物混入事故の報道が増えています。プラスチックや毛どころか歯、虫なんてのもあって信じられないような話です。ただ、これはインターネットなどのSNSの発達により簡単に情報が広がるようになったのでしょうが、こうした異物の混入は昔からあったと思われます。SNSの発達はこうしたメリットももたらしてくれますが、場合によっては社会を過剰に刺激しすぎるところもあります。例えば、こうした異物の混入の話を受けてもっとスゴイものが入っていたと嘘の異物混入話を作る愉快犯が出たり、お客様の中でもいったんその会社に疑念を持ち始めると、その会社についての悪い噂を探し回り、見つけるとそればかりを本当のことと信じたり、つまり信用低下の悪循環が起こるのです。それによって信用を失墜させた会社は本当の実力以上に悪いというレッテルを貼られ、収益悪化や、酷い場合は倒産にまで追い込まれたりもします。

時代が進むにつれて、衛生の技術も意識も高まるのは当然のことですが、噂や周りの雰囲気に振り回されずに、その会社の技術や衛生面での対応力が他社と比べてどの程度のものなのか、をしっかり見極める自分の判断力を持ちたいものです。ある意味、昔よりも物事の判断が難しい時代になったのかもしれません。