ブラジル訪問 – ブラジルに行ってきました

ブラジル訪問 – ついにブラジルに行って来ました

ブラジル訪問長年ブラジルプロポリスのショップを運営してきましたが、今年ついにブラジル初訪問してきました。見るもの聞くもの、何でも初体験でしたので、驚きの連続でした。とりわけ驚いたのが、サンパウロでの交通量。人口密度が非常に高い都市とは聞いていましたが、朝7時半にはもうサンパウロに向かう車が5-10キロにわたって渋滞しているし、宅配バイクは車と車の間をすり抜ける危険な運転を繰り返し、ブラジルについたその日にバイクがバスとトラックに挟まれて吹っ飛ぶのを見てしまいました。夜になると、宅配バイクだけでなく、通勤のバイクの多さは想像を絶するものがあり、バイクの後ろにまたバイクが数珠つなぎで走る始末。もうここまで来ると、完全に昼間の交通機関はパンク状態で、地下鉄の改善を図るしか直近の手立てはないでしょう。(写真はサンパウロ市内の市営競技場)

ブラジル訪問 – 行くならポルトガル語を覚えましょう

来年サッカーのワールドカップがありますが、グアルーリョス国際空港からは電車はなく、もっぱらバスか車での移動となると「これどうするの?」と言いたくなります。今回は言葉が通じる人のフルアテンドでサンパウロとミナス州だけの訪問でしたが、ブラジルはほとんど英語は通じず、もっぱら「ブラジリアンポルトガル語」ですから、ある程度の言葉を覚えておかないと一人での移動は先ず無理でしょうし、日本人が荷物を抱えてフラフラ歩いていると目について狙われる可能性大です。特にサンパウロは、手入れが何度も入りリオから流れてきた札付きのワルが急増しているらしく、知らないところでの夜の外出は避けた方がいいと言われました。

ワールドカップの会場自体の準備もままならず、交通網も非常に不便ということで、初めてブラジルに行ってワールドカップを見る人には多くの困難が生じるだろうと思われました。それでも、みんな何とかしちゃうんでしょうね。開催側も見る側も。げに人間は逞しきもの、かな。